会社情報

COMAPANY

経営理念

【ビジョン】

ものづくり現場の声に耳を傾け、情報技術とアイデアで、お客さまのイノベーションを実現します。

【ミッション】

・お客さまの価値を最大化できる製品サービスを弛みなく創造します。

・先進技術を極め常に追求し続けます。

・グローバルカンパニーを目指します。

代表挨拶

私は太平洋戦争の最中、日本の敗戦色漂う1944年に生まれました。

終戦後、シベリア、満州からの引き揚げ者で満杯の岸壁の興安丸や、寄付金を乞う白衣に兵隊帽の松葉杖の人達の姿は、瞼の奥にこびり付いております。

町場の商家で育った我が家では祖母や母親、そして若い叔母達がわずかに残った和服などを手に、田舎の農家まで歩いて買い出しに行き「今日はこれしか交換して貰えなかった」と疲れ果てて玄関先で倒れ込む祖母達のもんぺ姿を昨日の様に思い出します。

男子は全員継ぎ接ぎだらけの学生服女子は上着だけはセーラー服で、下はもんぺを穿いて、1クラス55名の1950年の小学校入学記念写真を時々取り出して見るとあの時代に於けるそれぞれの家族が、「私達を良くぞ育てて呉れた」とその労苦にあらためて感謝の思いが湧き起こります。

森林が猿を生み、その猿が奇跡的な突然変異によって脳が大進化。

現代人となり、現在この地球に君臨していますがお互いを思いやる本質的な人間性が育まれなければ、畢竟、この青い美しい惑星を喰らい尽くしてしまうでしょう。

アルティメイト(考えて考えた末のどん詰まりの決断)プロジェクト株式会社は1996年に信州の諏訪の10人が谷底に激突する覚悟で、谷の向こうに見える別天地を目指したまたま飛び越え設立したソフトウエア会社です。

私の子供と同じ年の社員が中核ですがあのバブル崩壊を体験した彼らがITバブル、リーマンショックも乗り越え20年、新しい仲間達も増え相変わらず生き残っております。

規模の大きいシステム開発では色々な苦難もありました。

しかしその都度その苦難を乗り越え、自前の社屋も敷地も取得しました。

緑に囲まれた田園風景の中の、日本の本と臍と言われる、御柱祭・御神渡りの縄文からの歴史と諏訪湖花火大会では50万人の見物客を集める観光の町でベトナムからの技術者の卵も受け入れ社員一同、屈託なく伸びやかに働いています。

これからも時代の変化を先取りし、お客様の声をいち早く捉え、IOT技術・業務ノウハウを核に、お客様の発展に貢献するソリューションサービスを弛みなく提供する所存でおります。

今後ともお客様のより良いパートナーとしてお力添えさせて頂ければと考えております。

2019年2月吉日

代表取締役 松崎 洋

会社情報