1. U-Mate BT 在庫・棚卸 ソフトウェア
  2. U-Mate BT 工程管理 ソフトウェア
  3. U-Mate BT 資産管理 ソフトウェア
  4. U-Mate BT導入メリット / 導入に必要なもの

U-MateBT 4つの特長

  1. 簡単な入出庫作業
    簡単な実績入力操作
    バーコード又はRFタグを読んで数字を入力するだけ! 手書き入力が不要なので、記入ミスを防止できます
  2. 一目で在庫状況確認
    一目でわかる現場状況
    PCから在庫や工程のリアルタイムな状況が一目で確認。現場ではハンディーから確認が可能です。
  3. 入出庫の流れも簡単把握
    モノの流れが簡単把握
    いつ、だれが、どこに、いくつ モノを移動・製造したかリアルタイムに全て記録されます。
  4. feature04
    多彩な個体管理が可能
    個体、液物、巻物と様々な個体を管理、先入先出/開封・製造日時、消費期限管理が可能になります。

U-Mate BT 機能概要

機能概要

現時点の正確な仕掛数がわからない どこまで出来たのか進捗がわからない 不良数や不良原因がわからない 今の工程の管理で、こんな悩みはありませんか?

資産の一括棚卸と探知機能

  • ハンディターミナルをかざすだけで資産(RFタグ)を一括で読み込み棚卸ができます。
  • 探したい資産番号を入力しハンディをかざすと、箱の中の資産(RFタグ)も自動探知できます。(音とインジケータ)

※固定アンテナを設置すれば定期的に自動的な棚卸ができます。(オプション)

資産の一括棚卸と探知機能

資産の入出庫実績登録とRFタグの再利用

  • バーコード又はRFIDをハンディーターミナルで読み込ませ資産の「入庫」「出庫(貸出)」「返却」「廃棄」「修理(校正)」の実績をシンプルに登録できます。
  • RFIDは既存バーコードラベルと併用でき、入庫時に関連付けするだけ、RFタグは廃棄又は出庫時に外すことで再利用が可能です。

※固定アンテナを設置すれば入庫、出庫実績の自動登録が可能です。(オプション)

資産の入出庫実績登録とRFタグの再利用

資産の在庫照会(主管別など)・返却期限(校正期限)チェック

  • ハンディーターミナルから入力結果が即時反映され、最新の在庫状況を照会できます。また、貸出品の返却期限チェック、期限超過の返却催促メールや測定機などの校正期限などのチェックも可能です。

※管理項目はカスタマイズできます。

資産の在庫照会(主管別など)・返却期限(校正期限)チェック

マスタ管理

マスタ作成

資産データはEXCELから取り込む※事が出来ます。
システム独自の画面や操作を覚える必要がないから安心。
既存データがあれば、コピー&ペーストで流用、簡単にご活用できます。

※:CSV形式による取り込み

資産管理

入庫・貸出・返却・修理(校正)・廃棄

バーコード又はRFIDを読み込ませて数字を打つだけのシンプルな入力画面。登録データは、パソコン側に即時反映されます。
資産在庫状況を確認できます。
ハンディーターミナルがネットワーク接続された強みと言えます。

情報一元管理

情報収集

登録ボタン1つで簡単登録。無線LANを使用し、パソコンへ情報収集します。
パソコンでは各種帳票出力の他、
資産在庫情報の検索結果をEXCEL出力※が可能。

※:CSV形式による出力

ハンディーターミナルの主な機能

バーコード又はRFタグを読んで数字を入力するだけ!

PCの主な機能

資産照会

資産照会

資産移動履歴と棚卸結果

移動履歴(入出庫、貸出返却、廃棄、修理など)や棚卸結果は、テキスト形式で出力でき、上位システム(固定資産や会計システム)に取り込むことができるようにカスタマイズが可能です。

資産移動履歴と棚卸結果

資産データ取込機能

EXCELで編集されたデータを一括登録できます。
貴社でお使いの基幹システムデータや、現在EXCELにて管理されている情報そのままを簡単に取り込む事ができる為、スムーズなシステム導入ができます。

資産データ取込機能

返却期限超過チェック

貸出期間を超過した資産の抽出ができます。

返却期限超過チェック

バーコードラベル&RFタグラベル出力機能※オプション機能

在庫場所や棚番のバーコードラベルの一括出力ができます。

バーコードラベル&RFタグラベル出力機能

入荷(入庫)時に資産に貼り付けるラベル資産ラベルをラベルプリンター(RFID対応含む)に出力ができます。

バーコードラベル&RFタグラベル出力機能